NOOS LECTURE 2013 in Tokyo #1ライブリポート!!

lecture2013_0721_1

皆さん、こんにちは!

アカデメイアブログのお時間です!

さてさて本日は先日執り行われたNOOS LECTURE 2013 in Tokyoのライブレポートでっす!!

ご参加頂きました皆様、誠にありがとうございました!この場をお借りしまして御礼申し上げます!

 

じゃじゃん!と。はい、見ていただいても分かる通り、お客さんでいっぱいの会場!半田広宣の姿が遠い、遠い(笑)

もちろん当日僕はスタッフとして同行したのですが、まさかの活気にレクチャー開始前から大慌て。。。

事前に参加人数を知っていたとはいえ、実際にその数を目の当たりにしてしまうと驚きます。福岡で行われていた前回のレクチャーシリーズは、会場がオフィスの一部を使っていたこともあり、多くても40名ほどが限界でした。が、今回の東京は違います。総勢90名近い参加者の皆様がおよそ10年ぶりとなるヌースレクチャーを聞こうと、東京近郊、はたまた県をまたいで遠路はるばる駆けつけてくださったのです。それだけでも、感謝でいっぱいなのですが、レクチャーが開始されるや否や皆様熱心にメモをとられたり、真剣な眼差しで半田広宣の話を聞き入る姿に、僕の気持ちも不思議と熱くなります。

もちろん、この会場で熱くなっていたのは僕だけではありません。

そう、ヌーソロジー提唱者にして、ヌースアカデメイア主宰のこの人!

lecture2013_0721_2

程よい緊張感の漲る会場に半田広宣の声が響き渡ります。約4時間。途中10分程の休憩をはさみながらもほぼぶっ通してしゃべり続ける半田広宣。

クーラーをかけているはずの室内で額からは大粒の汗が。2013年、半田広宣、本気です!いや、もちろん今までが手を抜いていたとかそういう意味ではありません。2013という名を冠した本を書いた時から、いずれは訪れるであろうその日も半田広宣も待ちわびていたに違いありません。その覚悟が今回のレクチャーシリーズに対するこの”熱”なのです。

是非、これから1年間皆様よろしくお願い致します!

 

そして、今回。

実はアカデメイアスタッフとして半田広宣に同行したのは僕一人だけでした。もちろん、僕一人であの大人数の皆様を受付けたり、ご案内することは不可能です。

そうです、今回は、現地スタッフに支えられての東京レクチャーなのです。R社のFさん、東京でのヌーソロジー拡大の中心人物といっても過言ではないRさん、若干25歳という年齢ながらヌーソロジーに勤しむR君、そして、現地スタッフの紅一点、Sさん。(イニシャルのRが二人いるのはご愛嬌・・・)

こちら四名の現地精鋭スタッフによるサポートのおかげで、東京レクチャーは乗り切ることができています。改めて御礼申し上げます。本当にありがとうございます。ポカしがちな僕を粘り強くサポートして頂けると助かります(笑)。そもそもポカしたらダメなんですが・・・・^^;

現地スタッフの皆様、また次回もよろしくお願い致します。

 

さてさて本日のブログはこれにて終了です。

次回レクチャーの開催は9月22日(日)です!詳しいアナウンスやお申込みはまたおいおい当ブログ上で発表してまいりますのでお見逃しなく!

 

それでは今週はこのへんで!

また来週~!

 

追記

現在福岡第1回福岡ヌースレクチャーの参加受付を承っております。詳しくはこちらから→http://noos-academeia.com/blog/?p=1343