ヌースアトリウム2016最終回

ヌースアトリウム2016

シオリズムの出現

皆さん、朝晩が冷え込んできました。いかがお過ごしですか? 今年最後のヌースアトリウムは関西ヌーソロジー研究会の川瀬統心氏をゲストスピーカーにお招きして、今年ヌース界隈に起こった一つの出来事をテーマにして話を進めたいと思っています。

その出来事とは、言うまでもなく「もののケのしおりちゃん」事件です。僕が彼女の存在を知ったのは甲田烈氏のツイートを通してでした。彼女のビデオを見たとき、正直、仰天しました。なぜなら、ヌーソロジーが長年かけて構築してきた宇宙ビジョンがいとも簡単にサラリと、それも絶妙な比喩を持って語られていたからです。彼女はまだほんの11才の少女。議論の対象にするには躊躇するところですが、僕個人の正直な気持ちとしては、知らぬ存ぜずで通すわけにはいかない存在です。

今回は良識にあえて逆らって、ヌースアトリウムの場で川瀬氏とともに、「シオリズムの出現」と題して、ヌーソロジーとシオリズムの酷似性に関していろいろと語り合ってみたいと思います。おそらく最初で最後の試みになると思います。興味がある方は是非、お出かけください。
(text by Kohsen Handa)

演題、ナビゲーター

演題:ヌーソロジーとシオリズム──ほんとうの元素界をめぐって

半田広宣ナビゲーター:半田広宣

プロフィール:1956年福岡市生まれ。83年より、ニューサイエンスの研究を糸口として、本格的に意識や物質を新しい視座で捉えるアプローチの探究に入る。91年、独自の理論体系である「ヌース理論」のレクチャーを全国各地で展開し始め、各方面より注目される。2008年、「ヌース理論」から「ヌーソロジー」へと名称を変更し、あらゆる分野との融合を図りながら現代における新たな体系的理論として今も尚、進化を続けている。

演題:双子邂逅論──シオリズム現象がなぜスピ界へのリーサルウェポンとなりうるのか…

川瀬統心ナビゲーター:川瀬統心

プロフィール:内在研究家。1969年京都市生まれ。京都大学農学部卒。関西ヌーソロジー研究会代表。 幼少の頃より、生きていること、死後の世界、宇宙の果てなどについて悩み考え続け、10代から20代半ばまでクリスチャンとしての信仰生活に献身。「内在の可能性」への探究心の高まりとともに、ヒンズー教、仏教を始めとする東洋思想の研究へとシフト。同時にクリスチャン生活から身を引く。二元性の統合、個と全体の統合について関心があり、それについての整合性のある理論構築を目指している。

開催概要

大阪会場 ※大阪でのアトリウムは開催終了いたしました

日時
 2016年12月3日(土)、14:00~18:00(開場 13:30)
場所
 大阪産業創造館6F会議室A/B
 〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-4-5 [ 地図 ]
参加費
5,000円(税込) ※お支払いは当日会場にて行います。
2次会
ご希望の方は懇親会にもご参加いただけます。別途4,000円(税込)

東京会場 ※東京でのアトリウムは開催終了いたしました

日時
 2016年12月11日(日)、14:00~18:00(開場 13:30)
場所
 渋谷金属労働会館3F会議室
 〒105-0031 東京都渋谷区桜丘町6-2 [ 地図 ]
参加費
5,000円(税込) ※お支払いは当日会場にて行います。
2次会
ご希望の方は懇親会にもご参加いただけます。別途4,000円(税込)

福岡会場

日時
 2016年12月17日(土)、13:00~17:00(開場 12:30)
場所
 ヌースアカデメイアオフィス
 〒815-0074 福岡県福岡市南区寺塚1-26-7 [ 地図 ]
参加費
3,000円(税込) ※お支払いは当日会場にて行います。
忘年会
ご希望の方は忘年会にもご参加いただけます。別途2,000円(税込)
追記:福岡アトリウム参加の受付は16日(金)18時まで。(2次会への参加をご希望の方は15日(木)までに申込をお願い致します)

追記2:福岡アトリウムは定員に達したため、受付を締め切りました。たくさんのお申込みありがとうございました。

 
※案内チラシを用意しております。当日のタイムスケジュールをご確認いただけます。ご自由に印刷してご利用ください。

大阪ヌースアトリウム2016最終回東京ヌースアトリウム2016最終回福岡ヌースアトリウム2016最終回

お問い合わせ・キャンセルのご連絡はコチラ
コンタクトフォーム

当日のご連絡はコチラ
TEL:092-402-6999(ヌースアカデメイア)