NOOS ATRIUM 2011 in Fukuoka#06開催のお知らせ

Blog
NOOS ATRIUM 2011 #06の開催日時が決定しましたのでお知らせします。
◆第6回 「ドゥルーズ思想とヌーソロジー」 概要
ジル・ドゥルーズ。フランスが生んだ20世紀最高峰の哲学者(だと僕は思う)。現代のようなプラグマティックな時代においても尚、徹底してイデア論を追求し、philo-sophia(友愛)の精神を忘れることなく哲学を壮大な宇宙生成学へと変奏させた偉大な思考の指揮者。今回はこのドゥルーズの思想の概要をヌーソロジーと重ね合わせながら語ってみようと思う。ドゥルーズ哲学は「差異の哲学」とも呼ばれているが、ドゥルーズに馴染みのない人にとって、この「差異」という概念自体が分かりにくいかもしれない。ドゥルーズは差異をクローズアップすることによって果たして何を語ろうとしたのか、また、差異がいかにしてイデアと接続を果たすのか。このへんの疑問を侵入口として目一杯ドゥルーズ哲学VSヌーソロジーのアドリブ合戦を展開してみたいと思っている。(text by kohsen handa)
○日程 2011年12月10日(土)
○時間 セッション ・・・ 13:00~17:00(開場 12:30)
    忘年会(希望者のみ) ・・・18:00~20:00まで
○場所 ヌースアカデメイアオフィス(株式会社ヌースコーポレーション内)
    815-0074 福岡県福岡市南区寺塚1-26-7
○会費 レクチャー ・・・ 2,000円(税込)
    忘年会 ・・・ 2,000円(税込)
※今回のアトリウムはセッション終了後忘年会(希望者のみ)となります。簡単なお食事(オードブル)とお飲み物(アルコールあり)をご用意しておりますので、ごゆっくりお楽しみください。
●●● 申込受付開始日時 2011年11月28日(月) 9:30~  ●●●
残席状況、お申し込み方法等については下記サイトをご参照下さい。
→noos academeia event infomation