NOOS LECTURE 2013 in Fukuoka #5開催のお知らせ

2019/03/01

lecture2013_fukuoka5

※こちらは福岡で開催されるヌースレクチャーのお知らせです。東京レクチャーとお間違えないようお願い致します。

ヌースアカデメイア運営事業部からのお知らせです。

○日程 2014年4月12日(土)

○時間 レクチャー ・・・ 13:00~17:00(開場 12:30)

○懇親会 18:00~20:00の2時間を予定。

○場所 ヌースアカデメイアオフィス(株式会社ヌースコーポレーション内)
815-0074 福岡県福岡市南区寺塚1-26-7

○会費 レクチャー ・・・ 3,000円(税込)
懇親会 ・・・ 500円(税込)

申込受付開始日時 2014年3月31日(月) 10:00~

◆第5 回  『モナドの中のアンドロギュノス』概要

去年の7月から始めたレクチャーシリーズもあっという間に5回目を迎えました。前回は「複素2次元空間」をキーワードに自己と他者が経験している空間が互いに反転しているということを説明していきましたが、今回はこの互いに反転した空間がどのような発展、成長を通して一つにまとめられていくのか、その仕組みを具体的に解説していきたいと思っています。自己と他者、それぞれの固有の空間が一つにまとめられると、そこには当然、自他が一体となった空間が出現してきます。この空間はわたしたちが普段、客観的空間と呼んでいるものとは少し違うのが分かります。客観空間というのはわたしたちが自分自身の身体を単に物質として見立て、自他相互の身体を周りから包み込んでいる空間のことですが、こちらの空間は自己と他者それぞれに見えている二つの世界が一つになろうとしている空間、つまり、ヌーソロジーの言葉でいうと人間の外面が一体化している空間です。OCOT情報がいうところのψ7=愛の空間。この空間を意識に浮上させるためには空間に対してどのような考え方をすればよいのか、そのビジョンについて、例によって、神話、哲学、神秘学、数学を総動員して詳しく語っていきます。(text by kohsen handa)

参加を希望される方は上記申し込み受付開始日時「2014年3月31日(月)午前10時」より

下記メールアドレス宛に、お名前・ご住所・お電話番号をご記入の上、ご連絡をお願いします。

メールアドレス:info@noos-academeia.com